FC2ブログ

バフォメット

☆種族:魔族

闇炎(やみほのお)という新しい状態異常を腕にまとっている。
分身するのが特徴。
分身体それぞれに攻撃特性が異なる。
3体分身の場合、物理攻撃、魔法攻撃、闇炎をそれぞれが使って攻撃をしてくる。
どれがどの攻撃タイプかは色味や細かな違いでわかるらしい。
本体は1体のみ。
分身を倒すことで本体のスタミナを減らすことができる。
見た目では、どれが本体かはわからない。
本体が儀式のような詠唱を終えると、髑髏が空中を旋回し、一定時間旋回するとターゲットに飛んでいき、当たると闇炎の状態異常となる。
闇炎状態となると、遅延及び体力が少しず低下していく。

スポンサーサイト



アバドーン ※追記あり

※以下は、現時点で確認できた内容です。
☆種族:獣
☆弱点:聖
☆シークレットコア:頭
☆部位破壊:尻尾(再生する)
☆有効な状態異常:石化、聖吸、気絶2~3秒、睡眠2~3秒、物防低下、魔防低下

〈出現場所〉
●メインクエスト「理の崩壊」
●エクストリームミッション「黒界の門番」
●エクストリームミッション「【高難度】黒界の門番」

〈Blues Memo〉
通常ではほとんどダメージが入らないので、ドラゴンアビリティ「精霊竜の~」を発動させて攻撃する。
ドラゴンアビリティを発動させるには、魔物が攻撃してきたら、その攻撃してくる部位にこちらも攻撃することでドラゴンアビリティのパワーが溜まっていき、満杯になると発動する。
例えば、魔物が尻尾で攻撃してきたら、こちらも尻尾に攻撃すると音が鳴りドラゴンアビリティのパワーが蓄積される。
口から吹き出す攻撃なら、頭あたりにダメージを与えるとドラゴンアビリティが蓄積される。
蓄積の度合いは、画面の上部中央に表示されている魔物名称の、右下にあるドラゴンアビリティ蓄積度合いのアイコン《精霊竜の反撃アイコン》でわかるようになっている。

※※※ 2018.12.12 追記 ※※※
◆キラーアルベの虫塚について
攻撃を受けてしまい、即死するカウントダウンが始まったら、虫塚を破壊すれば、カウントダウンが解消されるエリアが出現するので、そこに入るとカウントダウンが消えて回避できる。
尚、ファイターならシールドバッシュでの攻撃が、虫塚へは効果的だった。
◆アバドーンのダウン時間は非常に短いが、ダウンしたら、頭を集中攻撃すると、追撃により大ダメージが与えられる。

※※※ 2018.12.13 追記 ※※※
《蟲塚、寄生毒について》
怒り状態になると、地面に“蟲塚”を作り、アルベという毒蟲を出現させる。
アルベは寄生毒を持ち、放出する胞子に一定時間さらされると寄生毒の状態異常となる。
この状態になると頭上にカウントダウンが表示され、ゼロになると即死する。
また、状態異常のまま胞子に触れてしまうと、カウントダウンが早くなるのでご注意。
寄生毒にかかった場合は、蟲塚を破壊することで回復のためのバフを発生させることができる、
尚、破壊した蟲塚から発生するオーラに触れると、寄生毒に対する耐性がつく。

《キラーアルベについて》
キラーアルベは、アバドーンが赤いブレスと共に放つモンスターだ。
キラーアルベのターゲットとなった覚者には、体に赤い輪が出現する。
キラーアルベの攻撃を食らうと一撃死となるので、討伐すべし。

ウシュルガムの攻略法

ウシュルガムの攻略法などについてわかったことを追記していきます。

<討伐の流れ>
開始早々に出現する5つの「竜角の杖」を全て破壊すると、ウシュルガムがダウンする。このワンダウンで討伐してしまうのが理想。ワンダウンで討伐できないと再度「竜角の杖」が出現するので、また全て破壊してダウンさせる。という流れだが、ワンダウンで討伐できないと、ウシュムガルの攻撃がきつくなるので厄介。

「竜角の杖」について・・・
☆浮いているものよりも、落下しているものを攻撃対象の優先にすべし。落下している杖は詠唱して、攻撃せずに放置していると、厄介な半重力場?を発生させたりして厄介。
☆紫色になっている杖はダメージが通りやすい?
☆落下中の杖に、一定ダメージを与えると、「護身の~」というハンズオブゴッドのような半球エリアを発生させてくれる。このエリアの中にいれば、ウシュムガルの攻撃ダメージを回避できるので活用したい。

ウシュムガルの部位破壊について・・・角、背中のトゲ、尻尾のトゲ。

☆おすすめアビリティについて・・・攻聖、竜狙が良いらしい。
☆おすすめ武器クレスト・・・竜族討ち、白聖吸が良いらしい。

グリムワーグ

グリムワーグは、バートランド平原で頻繁に出くわす魔獣だ。
「魔獣の毛」「魔獣の爪」をドロップする。
オオカミよりふた回りくらい大きく、なかなかスタミナもあり、Lv8くらいの武器じゃないと、討伐にはそれなりに苦労する。
複数の集団でいることも多いので、ソロで集団に出くわすと厄介この上ない。
しかし、ドロップアイテムの入手には討伐必至だ。

エント

片足上げての範囲攻撃は、エントにしがみついていると、くらわない。
ジャンプしてのドッスンは、腰辺りから下にしあがみついていると、くらってしまうが、頭部あたりにいるのなら問題なし。
炎や延焼の属性攻撃が効果的のようだ。
部位破壊は不明。たぶん無さそう。

スフィンクス

“人面鳥”こと、スフィンクス。
睡魔を誘う攻撃が厄介だが、予測できるので回避は楽。
睡眠対策装備でいくと安心度が高まる。
ただ、こいつは空に飛ぶので、その間はファイターはやることがなくなって、ぼっ~と空を見上げているしかない。苦笑
ひょっとすると、シーカーなら楽しい相手なのかもしれない。
炎や延焼が効果的のようだ。
部位破壊は確認できず。無いかも。

ドレッドエイプ

俺が“おサルさん”と呼んでいる魔物「ドレッドエイプ」。
こいつの嫌らしいところは、スタミナを削っても徐々に回復していくことだ。
部位破壊は無いようだ。
ビリビリや毒などの属性攻撃はないので、ファイター好みの敵と言えるかもしれない。
背中にしがみついていると、バックドロップのような仕草の攻撃をくらうことがあるので、バックドロップ攻撃の仕草になったら回避して、倒れたところをまたしがみついて、の繰り返しがファイターの戦い方としては楽かもしれない。
炎や延焼の攻撃が効果的のようだ。

キメラ

キメラは、ライオンとヤギと蛇を合わせたような容貌の魔物だ。
ヤギのビリビリと、蛇の毒が厄介。
蛇の毒は、尻尾を切って部位破壊すると無くなる。
ビリビリは、ヤギの角に電気が蓄積されるのが確認できるので、予測しやすいから回避はそれほど難しくはない。
ただし、他人やポーンを救出中にやられると、回避は難しいようだから要注意。
毒とビリビリの属性対策はしていたほうが安心度が高まる。
こちらからの攻撃は、炎や気絶が効果的のようだ。
尚、こいつから入手できるドロップアイテム「キメラのヤギ角」は、なかなかにレアで入手しづらいようだ。

サイクロプス

経験値稼ぎのために頻繁に戦うサイクロプス。
弱点は、頭部。
部位破壊は、牙。
レベルの高いサイクロプスになると、棍棒を両手に持って地面へ叩きつけ、強烈な範囲攻撃をするので、要注意。

リザードマン

ワニのようでもあり、トカゲのようでもあり。
鎧のような鱗があり、正面から剣を振りかざしても、歯がたたない。
後ろに回って、尻尾を切り落とすと、急激に弱くなるようだ。

プロフィール

Blues Cool

Author:Blues Cool
Blues Coolと申します。オンラインゲームの実況配信や、散策動画、雑文を書いています。どうぞよろしく。

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR