FC2ブログ

本日の雑記~2018年11月2日

20181104111658d05.jpg

小学校低学年の頃、野球ボールを、家の前の石垣に投げて、跳ね返ったボールをキャッチして、また投げてということを繰り返して遊んでいた。
石垣が相手の、ひとりキャッチボールという感じだ。
石垣はゴツゴツしているから、真っ直ぐに跳ね返ってこない。
予想外のところに跳ね返ってくる。
それがまた楽しかった。

しかし、それが仇となり、跳ね返ったボールがご近所の家に入ってしまうことがしばしばあった。
仕方なく、ボールが紛れ込んだ家の呼び鈴を鳴らして、ボールをとらせてもらっていた。
ボールが入ってしまう家はだいたいいつも決まっていた。
その家の呼び鈴を鳴らすと、いつも同じ女性が笑みを浮かべて出てきた。
たぶんその家の奥さんだろう。
子供はいないようだった。

性懲りもなく毎度毎度ボールを探しに来る馬鹿な少年を、嫌な顔ひとつせずに、いつも同じ笑顔で対応してくれた。
しかし、どこかその笑顔に違和感のようなものを感じていた。
彼女と会話らしい会話をした記憶はないし、家の中におじゃました記憶もない。
門の前で、断りをいれてそのままボールが紛れ込んだ庭へ行き、ボールを拾って出ていくだけだった。

不思議に思っていたのは、ご近所さんなのに、このご婦人を外で見かけたことがなかったことだった。

随分後になって母親から聞いた話では、彼女は何かの病気を患っていたようだ。
笑顔に違和感を感じていたのは、このボールボーイを本当はかなり迷惑に思っていたのかもしれない。
そうだとすれば本当に申し訳ないことをしていたものだと思う。
我ながら何もわかっちゃいない馬鹿な少年だったよな。(苦笑)

〈本日のDDON〉
クラン集会に参加した。やっぱ、みんなでやると楽しいね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Blues Cool

Author:Blues Cool
Blues Coolと申します。私がプレーしているDDONなどのオンラインゲームのことや、雑文を書いています。どうぞよろしく。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR